FC2ブログ

パイプカット避妊手術と我が家の産み分け報告、ほか結婚生活の雑多な話題をご提供

■男性避妊パイプカット手術経験の実況。■産み分けの実践報告。■これまでの結婚生活(日常生活、性生活)に関する話題。■最近はエロ動画紹介■ソープ嬢を退職した姉妹とのHについて書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

外人の若い女性が友人の女性にオナニーを教える動画

若い女性が友人の女性にオナニーを教える動画を見つけました。
まだオナニー、マスターべションをしたことのない女性はこのビデオで勉強するもよいかもしれませんね。

↓こちらです。


http://www.mojoflix.com/Video/Masterbation-Lessons.html


「マスターベーション指導


「それではオーガズムを教えるね。」



「はい」




「OK」

「じゃ、まず私の言うとおりにしてね」

「上体をおこして」

「じゃ、クリトリスからはじめるね」

「大きな島のようなものじゃないわ」
「クリトリスはプッシーの上にある小さなのもよ」
「探せる?」

「ここよ、感じる?」
「心配ないわ、立派なクリトリスじゃない」

「中指の中央でやさしくこするの」

「ok?」




「はい」



「どう?」



「気持ちいいわ」



「そうでしょう。きもちいいでしょう。」
「そうしたら今度は少しスピードを上げてみて」


「同時に反対の手でプッシーを広げて、ワレメを上になぞってみて」



「こう?」



「そうそう」
「こんどはどんな感じ?」



「とっても潤っているわ」
「おしっこの後みたい」



「それが愛液よ」


「みてここが女性の一番敏感なところなの」



(はあ、はぁ…)



「緩めてはいけないわ。もっと速く(こすって)」



ははは。(途中目が合っておもわず笑ってしまう)



(うあ~ん、うーん、うーん) (息づかい速くなり、行きそうなようす)



「指の動きを持続させて!もっと速く速く」




「いいわ、いいわ あーーん。」

(呼吸が途切れ途切れになり止まる)

(指導側の女性は達している友人をしばらく見つめる)


オーガズムに達した友人の荒い息がおさまって、目を合わせ二人で笑う。


「こんな気持ちよいこといつもやってたの!!」


「そうよ」


「またトライしていい!?」


「もちろん!」
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ:エッチ - ジャンル:結婚・家庭生活

  1. 2007/10/20(土) 04:37:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0
<<わたしたち夫婦が飽きてしまったアダルトグッツをプレゼントいたします。 | ホーム | スプリットタン(分かれた舌)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kodakusan.blog84.fc2.com/tb.php/301-46282fd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
  1. 2008/04/28(月) 19:45:53 |

-

管理人の承認後に表示されます
  1. 2008/05/31(土) 01:49:30 |

プロフィール

こだくさん

Author:こだくさん
はじめまして。ご訪問ありがとうございます。
このブログは、画面にもありますように年齢18歳以下の方はアクセス禁止です。海外サイト(無修正)にジャンプすることがあります。
私は40歳前半の子沢山なお父さんです。
子どもを生み終えて10年以上妻とはセックスレスです。
そこでオナニーねたの動画URL紹介をたまにしてきましたが、ここ2年間はソープデビューを果たし、店にかよいつめたあと、姉妹ソープ嬢の退職と一緒に私も店に行くのはやめて、彼女達とホテルで会うようになりました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ご訪問者様数カウンター


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。