FC2ブログ

パイプカット避妊手術と我が家の産み分け報告、ほか結婚生活の雑多な話題をご提供

■男性避妊パイプカット手術経験の実況。■産み分けの実践報告。■これまでの結婚生活(日常生活、性生活)に関する話題。■最近はエロ動画紹介■ソープ嬢を退職した姉妹とのHについて書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

一昨日のH

まだまだ辺りも暗い、早朝待ち合わせ。
家を出る直前にバイアグラもどきを飲みます。

一旦ホテルに行って、ホテルの空き部屋をチェックしてから
彼女のマンションの駐車場へ移動。

まだ暗いことをいいことに、車の中でオナニー開始。
駐車場の防犯カメラは避けています。

ズボンとパンツは足首までおろり、シャツは首までまくり上げ、
左手で左乳首を転がし、右手でペニスをしごきます。

15分して、待ち合わせ時刻になったので、右手でシコシコを続けながら
左手で携帯のワンギリで彼女を呼びます。

2,3分してコツコツと彼女の足音がします。急いでペニスを高速でしごきます。

車内オナニーはいつものことなので、彼女はわたしの車まで来ると中を覗き込みますが、
いつもはペニスと体は毛布で隠しているのに、今日はもろだしなので驚いた様子。

「またやってる。人に見られたらどうするの!」と半分あきれ顔というか怒り顔で助手席に乗り込みます。
ドアが閉まると同時のタイミングで、私がおなかの上に射精します。

「もう~、ホテルで勃たなくなったらどうするの?」

「大丈夫、バイアグラもどき、飲んできているから。やっぱり駐車場オナニーは興奮するねえ~。」

「そのうち、捕まるわよ」

彼女が精子くさい、といいながらティッシュでふき取り、
ふき取ったティッシュを車内ゴミ箱へ。

ズボンを上げて、車を発信させます。



いつもコンビニエンスストアに立ち寄って、朝食と飲み物を買います。
たまにミニスカ+ノーパンプレーとか、色の濃い下着がスカートから透けて見えるプレーとか
を行い、私は他人のふりをして周囲の男性の反応を見ます。今回はしませんでした。

(今日のプレーは、犬の気もちプレー、お互いが全裸に首輪をつけてリードで室内(屋外では無い!)を
四つんばいで散歩します。その様子をビデオ撮影します。結果的にはひざが痛くなったので短時間で
そのプレー終了しました。)

ホテルに着くと、車から大荷物を降ろします。
撮影用の大型三脚、卓上の小型三脚、ビデオカメラと電源コード、デジタルカメラ、電源の延長コード、
ディルドやローター、浣腸器などのアダルトグッズセット、石鹸やシャンプー、コンディショナー、専用タオル、
今日は犬の気もちごっこのために首輪やリード、更に拘束プレー用にとベルト類をいくつか。

朝のサービスタイム営業開始時間になるまで5分ほどロビーのテーブルで待ちます。
デリヘル用でしょうか、大人の男性の夜の情報誌が何冊かテーブルに置かれています。

それをパラパラめくっていると、若い男性一人に若い女性2人がなにやら楽しそうな会話をしつつ
ホテルに入ってきました。ガン見せず、聞き耳を立てます。

彼らが部屋を選ぶパネル機器の前に行くと、

「○○○号室でい-い?」 (軽い感じの女性)

「どこでもいいよ」(男性ともう一人の女性)

「じゃ、○○○号室にするね」 (軽い感じの女性)

3人は、なにやら会話を続け、小走りにエレベーターに消えていきました。


「若いくせに、朝から3Pかいっ!うらやましい」と私は心の中で突っ込んでいました。

朝サービスタイム営業開始の6時になったので、あらかじめ決めていた広い部屋を選択し、(彼らに取られなくてよかった)
上階までエレベーターで上がります。


部屋に入ると、さっそく湯船にお湯を溜めながら、朝食をとります。
私がここ1,2週間の彼女の出来事を聞いてあげます。

そうこうしているうちに、バスタブのお湯は満タンになり、彼女がお湯を止めにいきます。

「おふろはいろうか」と彼女

「先にいってって」と私

彼女が先にお風呂にいって、体や髪を洗います。

その間、私はソファーの上でオナニーを開始します。
いまさらモザイクのあるAVをみても興奮しませんが、
アダルトチャンネルのビデオを見ながら、(今回はたれた巨乳で巨乳輪の女優さんのもの)
射精寸前状態までペニスをもっていきます。

そして精液がもう出そうになったとき、彼女のいるお風呂に侵入していきます。
長い髪をお湯で流してた彼女は、ペニスを硬く勃起させしごいている私をみて、

「だめよ!出したら!」と懇願します。

しかし私は彼女の太ももを狙って、ピュッツと射精しようとします。

「乳首触って!」と私

しかたなしに、彼女がわたしの両方の乳首を愛撫します。

その瞬間、ペニスの先端から粘り気の少ないかつ,色の薄い精液が
勢いよく飛び出します。

「もう~。」と呆れ顔で、彼女は太ももについた精液をシャワーで流します。

ペニスを石鹸で洗いながし、私はゆっくりとバスタブの湯につかります。
彼女も湯船にはいり、二人で歯磨きをします。

彼女の陰毛がぼうぼうになってきたので、ハサミで短く切りそろえます。
私は彼女が起立したとき、スジマンが見えるのがすきです。

彼女が、おふろから出て、髪をドライヤーで乾かしているとき
私は又湯船でペニスをしごきだします。さすがにすぐには勃起しません。

一旦ふろから出ます。

彼女が髪を乾かし終えて、ベッドにうつぶせで寝ています。

「両足開いて。オマン○見せて」と私。

彼女は対応してくれます。さらに自ら仰向けになって
小陰唇を広げてくれます。

それを見て、立ったまま私は自分のペニスをしごきます。

「せっかくホテルに二人できて、オナニープレー?」と彼女。

「そう」 「たまには面白いよね」 「今日は挿入無し」「フェラもクンニも体のタッチもなし」で
二人でオナニーしようか!」と私が提案。

「えっ?○○さんがいいなら…」 (挿入やクンニがないことにちょっと残念そう)

「じゃ横にならんで、オナニープレーするね」と私が彼女の横に仰向けになる。

「一緒にイクよ」「自分のタイミングでオナニーしていいよ。イキそうになったらー、そうだね90%くらいに
なったらそのままキープしておいて」と私が彼女に伝える。

「わたしが○○さんにあわせるよ。わたし3週間ごぶさただったから、すぐイケルとおもう」と彼女。

二人ならんでそれぞれがクリ愛撫とペニスしごきでオナニーを開始。
私のペニスも薬のおかげで、硬くなっています。

オナニー中に相手の乳首とか触るのは禁止です。

3分もしないうちに、彼女が
「○○さんイキそう? 私 もういける。 いきそう」と発言。

えっつ、もうイッチャうの?と私は内心思う。

「ちょっと待って。」 私は太ももに力を入れ、足をピンと伸ばし
あわててペニスを強く握り、高速にしごきます。



「あっ イクっ」 と彼女

腰がビクンビクンとなります。いとも簡単にオーガズムに達しました。

私も遅れること5秒ないくらいでしょうか。透明の精液をおへそ周辺にぽたぽたと
こぼします。



「はじめて二人オナニープレーしたねっ」「気持ちよかった?」と私。

「ホテルにきて挿入なし。二人でオナニーって他の人が見たらどう思うかな。笑 」と彼女

軽く透明で少量の精液をふき取り、お風呂へ再度移動。


ここでもペニスをしごく。

「暇さえあれば、オナニーしている!」と彼女が指摘

ふろから出てもペニスはなんとなく勃起を維持。


「妹さんと外出まで時間あまり無いけど、挿入してみようか?」

「えー、今日は入れないって言ったじゃない。」(といいつつも期待している様子)

ペニスをヴァギナの入り口にこすり付けていたら、もう少し硬くなり、
何とか挿入完了。入ってしまえばこっちのもの。
激しく腰をピストンします。

「かえる時間になっても(精液)出なかったらどうする?」「中途半端でやめる?」と彼女

「だいじょうぶでしょ。イケると思うよ」と私

「出しても、性欲なくならなんだ。なんか飲んできた?」

「バイアグラモドキをね」

「そうか、だからかあ」

10分も子宮おくまでピストンを繰り返していたら、
射精感が高まってきます。

「でそう。」

ピュッツ、ピュッツ いつでも中に出します。私がパイプカットしているので。

ティッシュを用意して、ペニスを抜くと、膣の入り口から結構の精液が逆流してきます。

「4回目にしては結構でたね」と彼女

私がそれをふき取ります。「ピストンしているうちに精液作られたんじゃない」

おきがった彼女が膣を重ねたティッシュでしっかり押さえてお風呂に直行します。

その間ビデオカメラと三脚の分解、延長コードの収納、デジカメや、首輪ほか乾かした専用タオルとか、持ち込みシャンプーとか
を私か片付けます。

彼女が膣の洗浄を終え、湯船につかっているところで、私が風呂にいき、
石鹸でペニスを洗い流します。

二人で風呂から出ます。

「さっきオナニープレー後の風呂でで綺麗になったのに、またのお風呂でごめんね」「妹さんを拾って駅まで送ればいいんだっけ?」
と私。今日二人でショッピング?

「そう。 でも焦らなくて大丈夫。」と彼女が鏡の前で化粧をしながら答えます。「もうホテルの精算していていいよ。」「あっ今日まだ割り引きの電話フロントにしてないね」

「あっそうだった。ナイス指摘!」

フロントに電話

「クーポン券もってるので、クーポン番号言いますね。671-の…」

「えらく若い女性だった」「声だけかな?」

化粧が終わった彼女とたくさんの荷物を抱えて部屋を出ます。

エレベーター内の会話

「○○さん、4回も出して眠そうだけど大丈夫?」

「大丈夫!」

ホテルの建物を出て駐車場へ。車に乗り込みます。

「じゃ、一旦自宅へ寄るね」



自宅に到着すると妹さんが駐車場で待っていました。

「おはようございま~す。」いつも明るい妹さん。私に挨拶。

「今日○○さん、4回もだしたよ」

「えっつ?本当に4回!?」

「そう。二回目なんか勢いよく太ももにとんできた。」

「すごいね。どうして?」

「薬のおかげかな。バイアグラもどきの」

「駅で降ろせばいいんだよね。」「きょうは○○ちゃんはスケ気味のミニスカートで涼しげだね」
「今度その格好デートしてくれる?」

マンションの駐車場を出発。

「コンビニの駐車場が停め易いんじゃない?」

「そうだね。じゃコンビニに停めるよ」

二人は車から降ります。

「じゃまた」

二人はコンビニに入る様子。

立ち去る私の車にバイバイと手を振る二人。



あとは居眠り運転にきをつけて、家に帰って爆睡しよう。
まだ朝9時にもなってない。タップリ眠れそうだ。

今日はフェラとクンニ、乳首ナメ、なめられはなかったから次回はそれをしよう。
今日は二人並んでの同時オナニープレー、同時オーガズムを達成して
4回射精の記録も作ったから、思い出に残るデートになりましたね。
あっ、あと犬の気もちぷれーもあったしなあ。
家に帰って目が覚めたら、ビデオとデジカメの画像を確認しようおっと。




















スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
  1. 2015/09/10(木) 03:01:39|
  2. 元ソープ嬢姉妹とのH報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<毛ぞリ | ホーム | タイトルなし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kodakusan.blog84.fc2.com/tb.php/680-46673a49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こだくさん

Author:こだくさん
はじめまして。ご訪問ありがとうございます。
このブログは、画面にもありますように年齢18歳以下の方はアクセス禁止です。海外サイト(無修正)にジャンプすることがあります。
私は40歳前半の子沢山なお父さんです。
子どもを生み終えて10年以上妻とはセックスレスです。
そこでオナニーねたの動画URL紹介をたまにしてきましたが、ここ2年間はソープデビューを果たし、店にかよいつめたあと、姉妹ソープ嬢の退職と一緒に私も店に行くのはやめて、彼女達とホテルで会うようになりました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ご訪問者様数カウンター


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。