FC2ブログ

パイプカット避妊手術と我が家の産み分け報告、ほか結婚生活の雑多な話題をご提供

■男性避妊パイプカット手術経験の実況。■産み分けの実践報告。■これまでの結婚生活(日常生活、性生活)に関する話題。■最近はエロ動画紹介■ソープ嬢を退職した姉妹とのHについて書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

私立受験が人気だそうですが…

教育はきっとシンプルに違いないと思います。

でも「教育」といったときに何が教育なのか? 難しいですね。

きっと、お偉方の机上の定義とは違うのは明らかだと思います。

学校で試験の点数がよければいいのか? そんなことはないですし、
国際的な試験で日本の生徒が良い点数をとればそれでいいというわけでもありません。

親としてはどのような対応をすべきなのでしょうか?

都内の私立中学受験者数が過去最高らしいですが、だから公立高校が不人気つまり「駄目」という結論にはならないと思います。


公立学校のよさは、いろいろな人間がいて、いろいろな親がいて、いろいろな家庭があるんだなあ。と認識する。


その中でうまく人と付き合う方法を自分で学んでいく。


家庭でも子供が多いほうが、家庭内で社会性も磨けるというものですね。


自分の思い通りにならないとき、どうするのか?
我慢するのか? 妥協するのか? 思い通りにする作戦を考えるのか?
そういった経験の中で人は育つのだとと思います。


私立学校は似たもの同士、成績も、家庭も、考え方も、生活レベルも
同じような人が集るに違いありません。


しかも、「荒れ」とか「学級崩壊」といった問題が発生しないようなぬくぬくとした環境で「育てられる。」
自ら「育つ」という感覚は少ない。いわゆる「温室育ち」というものですね。


私も以前は「公務員さんは、努力をしない、改善をしない人種」と決め付けていた頃もあったので
そいういう時は、自由競争でよい教育を掲げて生徒さんを集める、インセンティブを与えて良い教師をあつめる私立の学校は好きでしたが、(ですから以前の私は、今の「公立高校不人気」のニュースを見れば喜んだ派です)


よいもわるいも、社会の現実を見せ、しっかりとした自分の意見を持ち、問題に自分としてどう取り組むのか?
かかわらないのか? 積極的にかかわるのか? かかわるとすれば自分はどういった形、役割でかかわるのか?


ということを考えさせること、子供を谷に突き落とすではないですが、かえって荒波にもまれる環境にいたほうが絶対に社会に出てから強いと思います。


私立学校が勉強をする環境が整っているとはいいますが、何度も言いますが勉強は生徒個人の意識で決まると思っています。


周りの環境になにかを求めたくはないですね。自分のおかれた環境をうけいれ、その中で最善を尽くしてゆく。そういったことが出来る子供になってほしいと思います。


だから私の子供は喜んで公立高校に進ませたいと思います。もちろん家計も助かります。


タマホームのCMではありませんが、お金を掛ければいい教育が出来るわけではありません。
本人次第です。


概して、お金を掛けて子供を有名私立学校に進ませても大人になってぱっとしない人は多いのではないかという気がします。
私の先入観でしょうか?



また小学校の時期に中学受験をする子は、中学でも習わない内容、しかも受験が終われば忘れてしまうような覚え方で多くのことを記憶しなければならない。私からいわせれば時間の無駄遣いです。


小学時代は、人付き合い、さらにはいろいろな経験し、感心する心とか、感動する心とか、感謝する心とか、感謝されるがわの気持ちとか、人の話を聞く姿勢とか身につけたほうがよいですね。


実はそういった子が、公立学校に行っても急激に点数を取れる子になることが多いと思う。学問に対する(あえて勉強とは言わないですが)下地がきちんと出来上がっている。


そういった意味で中学受験は受験の時期を間違えていると思います。


家庭の手伝いもさせず、子供に勉強ばかりさせていたお母さんが、今になって後悔している例を身近に知っています。


娘は親に感謝できない。親は馬鹿だと思っている。自分はレベルの高い学歴だから偉いと思っている。プライドが高い。


じつはこの親御さんも人にあうと、「私の娘は○○大学を出ているのよ」と自慢して歩いたものだが、いまは恥ずかしくて娘を近所にも歩かせたくはない状況に陥っています。


娘さんもかわいそう。自分で何かに気がつかなければ自分は一生このままなのだが、人の話は聞くことが出来ない。
このままでは、おそらく結婚も出来ずに、仕事にも着くことができずに一生を終わることになるだろう。


つまり、子供の一生に親は大きく影響を与えている。当たり前の話だですが。



成績が良くても、生活がだらしなかったり、人をいじめたりするような人にはなってほしくない。


成績が良くなくても、人間としてきちんとしていて、人より優れた部分で社会に貢献できるひとに育ってほしい。


子は親の鏡ですから、政治家や学校の先生や教育基本法、指導要綱、教育のシステムに対して文句を言う前に


教育を考えるとき、親自身が自分の在り方を考えるべきと思っています。


そして子供を信じ見守る、親の考えを押し付けない。自分で決めさせる。


おそらく中学生になれば自分である程度の判断を出来るようになる。


だから、その前の小学校時代のすごし方がいかに大切かということを私は感じています。


教育に関しては子供が戸惑うので両親の意見は一致させておかなければならないという意見もありますが、
そんなものはばらばらの方がいい。どうせ決めるのは子供。親の意見を一致させそれを子供に強制してどうするのか?


子供の幸せを願うのは、どの親も同じでしょうが、良かれと思ってやったことが失敗につながることもあるということを心してかかるべきですね。


家庭での教育の主導を握るお母さんが、社会(会社)経験がないので、社会組織の厳しさを実際感じたことがないのも問題ですね。母親の勝手な思い込みやイメージで物事を考える。これは仕方のないことですが。


もっと父親が教育に口を出すべきではないかと思います。


しかし口を出すには自分を磨いて自信ある発言をしなければならないと自戒しています。



遠くの私立中学に通う子は、近所に遊び友達がいないのでかわいそうです。
また中高一環の学校のため、高校受験がないので中学の勉強に緊張感がなくだらけます。
そのような子は高校受験で中学卒で入ってきた子に高等部での成績は負けるとおもいます。
小学校で特に賢いとされる(当面の受験に対して強い)子供を高い倍率のなかから選定しているにもかかわらず、社会人となったとき彼らの力を十分に発揮しているかというとどうなんだろう?
難関中学の中学受験に成功したから、後は人生安泰と思っている勘違いはないだろうか?



私立でも公立でも、自分の環境で最大の努力をする人、世の中の観察が出来る人、そして何かを感じ自分の考えを持てる人
になってほしいと思います。


今書いていて、私立でも公立でもどっちでもいいじゃない。という気持ちになりました。
我が家は貧乏なのでやはり公立学校に行かせますが。(笑)


 

スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ:子供の教育 - ジャンル:学校・教育

  1. 2007/02/03(土) 07:30:03|
  2. 教育
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<ラブラブ夫婦の秘訣 | ホーム | 赤ちゃんが生まれると…>>

コメント

子供の教育

先程、男の子の性教育について質問しましたが、
ここで既に多くを語っておられましたね。
共感する部分が多いです。
ただ、「受験」という「イニシエーション」=通過儀礼の重要性もあるのかもしれません。一時的であれ、何かに打ち込む機会が益々少なくなってますから。
また、性教育もそうですね。オナニーを含め、きちっと教えてくれる大人が周りにいません。管理人さんは息子さんにどうしていらっしゃいますか?
  1. 2007/05/25(金) 08:27:32 |
  2. URL |
  3. ユキオ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kodakusan.blog84.fc2.com/tb.php/84-c9c9a533
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こだくさん

Author:こだくさん
はじめまして。ご訪問ありがとうございます。
このブログは、画面にもありますように年齢18歳以下の方はアクセス禁止です。海外サイト(無修正)にジャンプすることがあります。
私は40歳前半の子沢山なお父さんです。
子どもを生み終えて10年以上妻とはセックスレスです。
そこでオナニーねたの動画URL紹介をたまにしてきましたが、ここ2年間はソープデビューを果たし、店にかよいつめたあと、姉妹ソープ嬢の退職と一緒に私も店に行くのはやめて、彼女達とホテルで会うようになりました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ご訪問者様数カウンター


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。